担当者が直面するであろう問題・課題を追体験する形でデータマネジメントを学ぶ、いままでにないカレッジコースです。

グローバル製造業がSCM(サプライチェーンマネジメント)の最適化を実施する中で、データマネジメントに取り組む事例を学びます。

メリット

  • 業務効果とデータマネジメントの関連を学ぶことができます。
  • 講義を聞く一方ではなく、グループ討議を交えることで理解を深めます。
  • データガバナンス、データクオリティマネジメント、データモデリング、データアーキテクチャ策定、マスタデータマネジメントなど、さまざまなデータマネジメント機能を理解することができます。
  • また、DMBOK ver.2との関連にも触れていますので、グローバルなコミュニケーションが必要とされる方にも適しています。

対象者

  • データマネジメントに初めて本格的に取り組む初心者、および中堅社員
  • 全社的にデータマネジメントプログラムを導入する企画担当者、情報システム部長

講義内容

半日(約4時間)、グループ討議あり

開催場所

貴社準備のセミナ会場(オンサイト開催のみ)

開催人数

4名~20名

詳細は下記フォームよりお問合わせください

お問い合わせ