データマネジメント入門教育シリーズ

データマネジメント事例追体験カレッジ

課題を追体験しながらデータマネジメントを学ぶ

グローバル製造業がサプライチェーンマネジメントの最適化を実施する中で、データマネジメントに取り組む事例を追体験する形で学びます。

  • 業務効果とデータマネジメントの関連を学ぶことができます。
  • 講義を聞く一方ではなく、グループ討議を交えることで理解を深めます。
  • DMBOKなどの国際的なデータマネジメントフレームワークにも触れていますので、グローバルなコミュニケーションが必要とされる方にも適しています。

  • データマネジメントに初めて本格的に取り組む初心者および中堅社員
  • 全社的にデータマネジメントプログラムを導入する企画担当者および情報システム部長

  1. データマネジメントに取り組む!動機は?
  2. グローバル在庫の最適化
    • 在庫データをどう把握するか(メタデータ)
    • 在庫データの標準化(データモデル)
    • 在庫データを集めて見る(マスタデータ、DWH/BIなど)
    • 集めたデータが事実と違う(データクオリティ)
  3. CIO(CDO)の立場で考える(データガバナンス)

4時間・40,000円/1名

※5名以上でのお申込みをお願いいたします。

  • お客様のご指定日時・会場で開催するオンサイト教育コースとなります。
  • ご希望の開催日のおよそ1ケ月前までにお問い合わせをお願いいたします。
  • お申込みは下記メールもしくはお電話までご連絡下さい。

お問合せフォーム