METALIB
DMBOKを翻訳した
Metafindコンサルティングの教育サービス

データモデリング教育コース

データを適切に設計すること。シンプルではありますが、これがDXの推進や大規模システム再構築を成功に導く鍵となります。データは、業務やシステムの垣根を越えて組合わせて利活用されることで価値を生み出します。そもそもデータが繋がらなければ、正常な企業活動を行うことが出来ません。


本教育コースでは、データモデルの文法解説や演習を通して、データの可視化や標準化、整合性維持方法など、適切なデータ構造を設計するために必要なスキルを習得することができます。

データモデルの文法解説や演習を通して、データの可視化や標準化、整合性維持の方法など、データ構造を適切に設計するために必要なスキルを習得することを目的としたコースです。

業務システムの再構築における要件定義担当者
大規模データ基盤(MDMやデータレイク等)のデータ設計担当者
全社のシステム再構築やデータガバナンスにおけるデータアーキテクト

1.データモデルの概要
  データモデルの定義、など

2.利用シーンとメリット

3.データモデルの文法 
  ・データモデリングの構成要素
  ・正規化、配置、命名規則
  ・その他Tips、など

4.データモデルの作成手順
  ・ボトムアップアプローチ
  ・データモデルの統合
  ・トップダウンアプローチ

5.演習問題

所要時間 6時間
(標準プログラム 2日間×3時間 別途課題あり)

60,000円(税込66,000円)/1名様
※5名以上でのお申込みをお願いいたします。

お客様のご指定日時・会場(オンライン含む)で開催するオンサイト教育コースとなります。
ご希望の開催日のおよそ1ケ月前までにお問い合わせをお願いいたします。

お問合せ~ご受講までの流れ

 

受講ご希望の方は、以下お問合せフォームからご連絡ください。

 お問合せフォーム