データウェアハウス

企業内の様々なデータ利活用業務を支えるために構築されたデータ統合基盤。複数の業務・システムからソースデータを収集・蓄積し、データマートやBI(Business Intelligence)を介して経営者やデータアナリストにデータを提供する。
データウェアハウスでは、そのデータの価値が高まるようデータの標準化やクレンジングが行われる。データウェアハウスのアーキテクチャは、ビル・インモン(Bill Inmon)とラルフ・キンボール(Ralph Kimball)の手により体系化が行われている。

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

MDM

次の記事

データレイク