データライフサイクル

DMBOK2では、データ資産が生み出されてから消去されるまでをデータライフサイクルと呼び、次のように定義している。

「データライフサイクルには、データを生成または取得するプロセス、データを移動、変換および格納し、維持および共有するプロセス、データを利用または適用するプロセス、そして廃棄するプロセスが含まれ、このサイクルを通じてデータはクレンジング・変換・統合・強化・集計される。」<DMBOK2(P.52)を抜粋要約>

データ資産を効果的に管理するためには、データライフサイクル全体を通して、その計画を立てる必要がある。

関連記事

« 一覧へ戻る