ODS

Operational Data Storeの略。ビル・インモン(Bill Inmon)がデータウェアハウス環境の1レイヤーとして定義したもの。
データウェアハウスが主に分析シミュレーションを行う目的に長期間のデータ蓄積を行うのに対し、ODSは日常業務のデータ利活用を行うのが目的のためデータ蓄積期間は短期間である。また蓄積される対象は、サマリされていない明細データが中心。

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

データマート

次の記事

メタデータ