Metafindウェビナー
「組織の変革とデータガバナンス~ DMBOKから読み解くDX改革 ~」

データは企業にとってヒト・モノ・カネに次ぐ第四の資産と言われています。
各企業ともDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速し、自社のデータ資産を有効活用することで経営や事業運営に役立てたいと考えていることでしょう。
ただし、期待したほどDXが進んでいかないとの声も聞かれています。
その阻害要因の一つが「人と組織の変革」の問題。そしてもう一つが「現行のデータ資産」の問題。データガバナンス体制の確立により、これらを早急に解決していかなくてはなりません。
本セミナーでは上記問題点に対し、日本語版DMBOK2を翻訳した2名を講師に迎え、「組織の変革とデータガバナンス」と題して解説します。

<ご参加いただきたい方>

  • DXの推進おける人や組織の変革方法を知りたい
  • データガバナンス体制の構築方法を学びたい
  • DMBOKにおけるデータマネジメントの本質を知りたい

皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

 

タイトル 組織の変革とデータガバナンス~ DMBOKから読み解くDX改革 ~
開催日時 2022年1月19日(水)15:00~17:00
開催方式 Zoomウェビナー
費用 無料
申込サイト https://zoom.us/webinar/register/WN_KPkTqz2ARWirH39wwZ7O0g

 

プログラム

時刻 プログラム 講演者
15:00-15:05 開会  
15:05-16:00

「データ・ドリブンの企業文化に向けた取り組み」

【講演概要】
DXを成功に導くためには一人一人の意識を変革し、組織自体が変わることが重要です。
データに基づいた客観的な判断を行うよう、組織文化にどう根付かせるか?
DMBOKを引用しながら、その重要性やポイントについて解説します。

DAMA日本支部
会長
林 幹高 氏

16:00-16:50

「データガバナンス組織を築く」

【講演概要】
企業内のデータ資産をどのような体制が求められるか?DMBOKを紐解き解説します。
 ・DXの推進とともに求められる活動
 (機密情報に関するセキュリティ、データの標準化推進、メタデータ管理等)
 ・データガバナンスポリシー、ルール作り
 ・データスチュワードシップ、データガバナスオフィス等の体制構築

Metaifndコンサルティング株式会社
代表取締役社長
吉岡 健

16:50-17:00 ご案内・閉会  

※各講演はQAを含みます。

講演者紹介

 

林 幹高氏
DAMA日本支部会長 日本語版DAMA-DMBOK2 翻訳責任者
日揮グローバル株式会社 EPC DX部チーフアドバイザー
2011年のDAMA日本支部発足メンバの一員として日本国内のデータマネジメント普及に尽力。
2017年に会長に就任。2018年、日本語版DAMA-DMBOK2の翻訳責任者として携わる。
日揮グローバル株式会社ではグローバルシステムのアーキテクチャ設計やデータモデリングを
主導する傍ら、社内のDX人財の育成にも力を入れる。

吉岡 健
Metaifndコンサルティング株式会社 代表取締役社長
日本語版「DAMA-DMBOK2」翻訳担当者
前職よりデータマネジメントコンサルタントとして20数年間従事。
2017年にMetafindコンサルティング株式会社を設立。
2018年、日本語版DAMA-DMBOK2の翻訳担当者として参画。