データ取扱倫理

倫理原則に従いながら、どのようにデータを生成し、保管し、管理し、解釈し、分析・活用し、廃棄するかを扱うことを指す。
データ取扱論理の重要な概念は、「人々への影響」「誤用の危険」「データの経済的価値」を中心としている。(一部DMBOK2.0より抜粋、要約)

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

データマネジメント

次の記事

データガバナンス