データマネジメント

企業内のデータを資産と捉え、その資産が有効活用されるよう適切に管理する活動全般を指す。
データはヒト・モノ・カネに次ぐ第四の資産である。データから如何に価値を創出できるかが企業経営の生命線とも言われている。そのためには、経営をはじめ全ての利用者に向けて、正確かつ全社的に統制されたデータを提供しなければならない。データのライフサイクルを通して、データを守り、価値を高め続ける活動を「データマネジメント」と呼ぶ。

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

DataOps

次の記事

データ取扱倫理