データスチュワード

データ資産の管理責任者を指す。
データスチュワードは、データポリシーやビジネスニーズを考慮し、全社もしくは担当領域内のデータが適切に管理されるよう、データ標準化の推進やデータ品質の維持向上を推進・統制する。データの業務上の意味や価値を理解する必要性があることから、基本的には業務ユーザが担当する。

データスチュワードが行うアクティビティは以下と定義されている。

  • 核となるメタデータの作成と管理
  • ルールと標準の文書化
  • データ品質の問題管理
  • データガバナンス運営アクティビティ(ガバナンスポリシーと取り組みが守られるようにするための活動)の実施

関連記事

前の記事

データファブリック

次の記事

統制語彙新着!!