データ資産評価

データ資産評価とは組織におけるデータの経済的価値を理解し測定するプロセスである。ただし、データは抽象的な概念であるため、他の経済的な影響と同じように考えることは難しい。データは他の資産と異なり、代替可能なものではない。データの価値を理解する鍵は、その利用方法と利用によってもたらされる価値を把握することにある。
わかりやすく価値を測定する方法の一つとして、不十分な情報によって生じる業務上の損失額を見積もりが挙げられる。
業務上必要なデータの欠落、品質の劣化を埋めるためのコストは、逆に、そのデータの価値であるとも言える。データ資産価値を見積もることにより、データ品質管理やデータガバナンスへの投資対効果を正当化することが可能となる。

関連記事

« 一覧へ戻る