スタンダードとプロシージャー

DMBOKでは、スタンダード(標準)とプロシージャー(手続き)は『 データガバナンス を「どのように」行うかを説明する』ものとしています。

一般的に、標準とは「何かが極めて優良で他のものの品質を評価する際に利用されるもの」もしくは「数量、重量、範囲、価値、品質の測定に適用される規則として認定され定着したもの」と定義されています。標準を採用することによって、それを利用するプロセスから得られた結果は一貫したものになるため、プロジェクトごとに同じ意思決定をする必要が無くなります。
データマネジメント の世界のデータ標準とは、
フィールドの入力方法についての規約、
フィールド間の関係性を統制するルール、
許容可能な値や許容できない値についての詳細なドキュメントや書式など、
になります。

では、手続きとはどのようなものでしょうか。
DMBOKには『データマネジメント手続きは確かな成果や支援成果物を生み出す、具体的なアクティビティを達成するために文書化された方法、技術、手順である』と書かれています(DMBOK2「第3章データガバナンス」より抜粋要約)。
どのようなドキュメントなのかイメージしづらいですが、標準を適用するための細かい作業工程や、その中でどのような方法や技術を適用して検討していくと良いのか、という具体的な内容を記載したものではないでしょうか。

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

データポリシー