データガバナンスオフィス

『企業レベルのデータ定義とデータマネジメント標準に焦点を当て、 データスチュワード またはカストディアン(代理人)、データオーナと名付けられた調整役で構成される』組織。(DMBOK2「第3章 データガバナンス 」より抜粋要約)

DMBOK2「第3章データガバナンス」では、データガバナンス組織には3つの機能が必要であると定義される。

「立法機能」:ポリシー、規定、エンタープライズアーキテクチャ定義

「行政機能」:保護とサービス、行政責任

「司法機能」:ガバナンスにおける課題管理と報告

データガバナンス組織の体制としては、立法と司法の役割でチーフデータオフィサ(CDO:Chief Data Officer)をトップとした、データガバナンス委員会、データガバナンス評議会、それとデータガバナンスオフィス。行政の役割では、チーフインフォメーションオフィサ(CIO:Chief Information Officer)を頂点とした、IT組織、データマネジメントサービス、プログラム運営委員会、PMOなどが必要であると定義される。

この中でデータガバナンスオフィスは「立法」と「司法」機能を担い、あるべきアーキテクチャのデザインやデータセキュリティポリシーの策定から、それらに関するガバナンス運用まで、実質的にすべての データマネジメント 施策を推進する組織になる。
一方データマネジメントサービス(ITデータアーキテクトによるデータマネジメントの技術サポート)や各プロジェクトは「行政機能」を担い、定義されたデザインや決められたポリシーに沿ってデータマネジメント施策を実行する。

関連記事

« 一覧へ戻る

前の記事

スタンダードとプロシージャー